河内温泉大学

姓は車 名は寅次郎 人呼んで フーテンの寅と発します

後輩と飲むもまた楽しい

 会社を卒業して約13年です。以来会社のOB達との交流はほとんどしていません。特に気のあった人とは個人的な付き合いはあるが**会と云ったものには参加していませんし、社屋にも立ち寄った事がありません。新社屋が建設中に外壁が倒れ、大変ですね・・・と知人から云われたがそうでしょうね・・・程度の関係です。その中でも数人は相手から立ち寄ってくれて飲み会に誘ってくれます。
 河内飛鳥焼菓子 高井田横穴線刻画

 その一つのグループ(U君とK君)が一昨日我がキャンパスへやってきました。往時はみな平でしたが今では高齢福祉と社会教育関係の部門長に出世しています。両人友に真面目で大変な努力家でした。この点愚僧に倣わなかったこことが、今に生きているのでしょう。絶対持参するなと云ったが、気持ちとして頂いた焼き菓子のケース。当時のものか後年のらくがきかと云う論議に的になっているが、大和川を見下ろす横穴群にあって、川を行き来する舟を線刻画を絵にする菓子は時代性を越えたロマンのような気がします。
 焼き菓子中身 龍田古道 古代のらくがき 茶ぶね往来

 訪問してくれた二人は同じ歳、愚僧は当時現場仕事を全く知らないが良く支えてくれた二人でした。お返しに往時も良く酒飲みに連れて行っていましたが、いまだに同じような関係で付き合っています。ただし、多少は愚痴を聞く側になっています。何十人かを纏め同じ方向へ向かわせる苦労等を語ってくれます。こんな彼らがやがて部長になって組織を引っ張って行くのでしょう。なお、それぞれのお子さんも見違えるほど大きくなられているとのこと、頼もしい陰りです。
 菓子の手土産の「龍田古道」と云えば大和と浪速の幹線道路、「古代のらくがき」は線刻壁画そのものです。「茶ぶね往来」は江戸時代に大阪市街を行き来した「揚荷茶船」の誤用でしょうか。いずれにしても大和・大坂の狭隘部の歴史を語る菓子としてはもし分ありません。
 いにしえの 文化花咲く 狭隘部 <偐山頭火
  亀の背を 抜ける流れは 大坂へ <偐山頭火

花園中央公園ドリーム21の下見を兼ねて

 昨日は晴れといえども猛烈な風、そんな中次回孫のKy君が泊まりで来るという約束をしたため、幼児向けのプログラムにと考えたのが東大阪市花園中央公園に付帯している「ドリーム21」という科学・プラネタリューム施設の下見に行きました。私の所属している若草読書会恒例の春の花見の会場となっていて、毎年メンバーのH女史が弁当や椅子の運搬にお世話願っていた公園でもあります。
 ドリーム21掲示

 公園には何十回も通っているが、この表示を拝見したのは今回が初めてです。幼児や低学年向けの施設のようだが、どれも代金が結構な設定に驚きました。子どもがお小遣いで・・・と云う発想には至らなかったようで、誠に残念な。数百億円もかけた「遊水施設」と「ラグビーのメッカ」に青少年の眼差しを受けさせようと云うわりにはなんともせこい思慮でしょう。

 メチャじゃなくてメタセコイヤ

 何故メタセコイヤと問われて答えを持ち合わせていないが、数十本のメタセコイヤが桜の植え込みの奥にあります。付近には緩傾斜があって子ども達が自転車で転がっている。このような空間は市街地には全くない東大阪市だけあって、貴重ですがわずかな広場です。更に奥に梅園も造成されているようで、来年あたりが楽しみです。
 メインスタジアム

 ラグビーのメインスタジアムです。ドリーム21からここまでの間に野球場、サブコートそして小池や大きなグラウンドが設置されています。これらは生駒山からの急斜面を流れ落ちる雨水の遊水池です。南北に長い生駒山からの水害から河内や大阪市内を守る環濠の様なモノです。今のスタジアムが整備されるまでは、ラグビー場一帯は低湿地で近鉄電車の車両基地やゴルフのミニコースが点在していました。
 ラグビーの森

 そんな花園の歴史を飾るのは高校ラグビーのメッカです。1918年に第一回大会(以後何度か組織変えなどあった)が催されて以来全国の高校ラグビー選手は、お正月の花園大会を目指して日々訓練をしているようです。
 歴代優勝校プレート 同志社のおにぎりマークがならびます

 少し自慢です。我が母校同志社は戦前の覇者と云ってもよく第一回から11回優勝(内5回連続、3回連続優勝)という素晴らしい記録を持っていますが、その後は全く手に負えなくなり大学選手権で暫く頑張っていましたが、それも今では過去の話となってしまいました。愚僧は自身が大学生前後の趨勢を知っており、一時は血が沸いたものですが今はほとぼりが冷めています。愚息も同じ学校ですが、あまり熱心にラグビーの話をした覚えがありません。

 花ラグ饅頭 よく売れるそうです 駅からの道中「絹屋」

  友よりラグビー場でメールの交換

 今年の大会中に卒業校は違いますが、友人のA新聞元記者K君から「今花園に来てる、また会いたいし旅行にも行こう」とメールが届いていました。賛成、しかしもうベンツは無くダイハツ製だよ・・・と返信していましたら、昨日花園公園で「今はあれこれ通院で忙しい・・・暫くしてお前の車の安全が確かめられた頃に」と返事が届いた。K君は愚僧より少し上、そろそろ現職の元気だった身体も労ってやらないといけない歳になったものか、愚僧の車がダイハツ製と云うのが効いたのか。

 孫来る 花園の星 で遊ぼうか   <偐山頭火

 友来る ダイハツ騒動 後遊ぼうか <偐火の車
 

新年の墓参りから年末年始を振り返る

 正式には数日前にも墓参しましたが、昨日は一つの〆として「槙」をお供えして忙しかった(?)親父の本来の仕事に復帰して頂くという表しの墓参です。やはり、お墓には槙がお似合いです。
 槙で凜として

  お寺門前にはいつものお言葉が

 昨年の29日くらいから始まった準備とそのお正月、そしてその後を振り返ってみます。29日には餅を受け取りに八尾志紀の丸芝さんまで。猫餅(エビと豆)と小餅とで数キログラムでしたが、勢州に向けて送る荷作りの中へは「ミカン」、「とらや羊羹」、「干し柿」、「燻製」、「古都華」(いちご)等を同梱します。幾つになっても子であり親ぶってしまいます。娘は迷惑かもしれませんが。
 餅など 切り取り例です

 その日午後に愚息も孫連れで帰って来ます。彼らにも同じように荷物を持たせますが、お節は同じせきやばかりだと偏ってしまいますので、彼らには高島屋から送ったと愚妻。その後のケーキの崩れた事件が起きて、お節もと心配しましたが無事だったようです。
 ky君我が家の鏡餅も持って帰ると・・・ 元旦以降は鏡餅が二つになったはず

 Ky君は自分家(ち)の荷物にお餅一式が入っているのを忘れたか、我が家の鏡餅も持って帰ろうとするので、それだけはと嘆願し辞退願った。しかし、数日後の元旦には当然と持って帰りました。なるほど年長さんの中でもとびっきりデカイ理由が分かります。その元旦は昼前から家族全員で来てくれました。お節などで「おめでとう」の後近所の八幡さんへ初詣、愚僧は願い事は一言主神社などへ昨年中にお参りしているのでこの日は午睡とさせて貰います。
 夕飯は蟹鍋 ドロエビも美味しかった

 お宮参りの後愚息は蟹と奮闘していました。八杯程の松葉蟹とドロエビと銀寿司の出前で宴再開です。寿司はNちゃんがエビがダメなので愚僧の鮭などと物々交換で更に宴会は盛り上がりました。最後は何時もの泡あわ風呂です、お母さんが通路の窓から良いショットを狙っています、Ky君は大きな身振りですがNちゃんはちょっぴり大人になったかしゃがみ込んでいますがカメラが去ると何時ものお姉ちゃんに戻ります。いくら入っていても楽しいですが、適当に出て頂き帰路につきます。

 仕上げは泡あわ風呂です

 2-4日は平凡な日が続きますが、愚僧は畑仕事に精を出します。ニンニク、エンドウ豆、そら豆に水菜とサニーレタス及びタマネギです。最近お付き合いが始まった*田さんは本学の少し南で10倍ほどの面積で百姓をなさっています。その経験がものを云うのでしょうかあれこれご指導願ったり苗や上出来の大根を頂きますが、時に厳しい指導も入ります。

 我がクラインガルテンの現状

 5日は食道癌と咽頭癌の予後の検査日、少しの憂いがあるものの無事パスでした。

 検査日の夕刻勢州からKz君と愚女の来訪です。数ヶ月ぶりに見るKz君も立派に成長して往路の電車内の様子をあれこれ喋ってくれます。やがて夕飯です、彼の好きな寿司を近所の馴染みの店から運んで貰いましたが、要らぬ節介をしたようで彼はもうサビ付きでも食べられるとか、余計に持ってきて貰っていたサビを塗り直して食べてくれます。その食べ方にも個性がある様子、彼は汁に入った野菜から食べます。お母さんが野菜からと云ったことが気になるようですが、お料理によってはこだわらぬとも良いよ・・・と教えると大好きなエビにかぶりついています。この日の風呂はお爺さんと二人で大人の雰囲気でした。

 やすむら農園の後法隆寺 いやー懐かしかった

 翌日はイチゴを受け取りに行くと云うことで、法隆寺へ。子ども向け歴史年表&図鑑で法隆寺聖徳太子は馴染みとのこと。愚僧も50年ぶり程だが西院伽藍へ入ることに、金堂や回廊のエンタシス風の柱を眺めて思い出に浸る・・・。カメラ係を頼んでいたKz君は特殊なカメラのため撮り違いがあったようで、お爺さんの出番で親子連れをカメラに収める。この日も摂州から愚息一同が来てくれる予定で、蟹の残りとホルモンの予定でありましたが桜本ホルモンさんが休みでにわかに焼き鳥となりました。合わせて喰う料理も寿司も飽きたと云うことで、法隆寺山門前で同じ寿司でも柿の葉寿司を少し購入する。このあたりで社会見学を兼ねた法隆寺見学の幕として、Kz君ご希望の生駒トンネルをくぐり河内温泉大学へ戻りました。ここでkZ君のパパも合流して総揃い予定であります。

 串も打ち終わった鶏です

 河内温泉大学へ戻った頃摂州勢が既に鳥打ちを終了して蟹に移っていました。この時分かったのですがNちゃんが体調不良で来られず、ママもNちゃんの看病と云うことでお賑やかな一名が欠けることになりました。

 ガキ二人は工事にかかると云って串ならぬくい打ちをしました

 焼き鳥はガレージで、蟹や寿司は台所でとお正月宴会の再演です。ホルモンに勝るとも劣らない煙幕でご近所はまたか・・・と思われていたことでしょう。奥さんの帰路運転要員がいないにもかかわらずアルコール抜きで愚息も義理の兄や愚僧のアルコールに良く付き合ってくれました。

 お誕生日のケーキです Nちゃんが気になる

 宴会の後は5日に9歳になったNちゃんのお誕生日祝いです。ご本人が不在となった誕生会ですがIT時代です、ネットライブの宴会になりました。ハッピーバースデーを歌いながら9本のローソクまでNちゃんが吹き消せません「誰が消したの?」にたいし「kz君とKy君」とラインでやりとりしつつ美味しいケーキにしたづつみ、ご本人は明日体調次第でいただけるでしょう。

 この後は何時ものお風呂タイム、Nちゃんがいない分盛り上がりに欠けますが、頭から水を被るKy君にKz君もタジタジですがお兄ちゃんの面目を保つため必死に頑張っているのが頼もしく見えます。最後の別れを惜しみつつ二人は庭で立ち小便、葡萄の木が枯れないか心配ですが、木も慣れたものイルミネーションに輝く葡萄の木も秋の実の肥やしと笑っているようでした。

 勢州おかえりの際の全員集合 気をつけてください

  翌朝勢州も帰路につきます、道中お昼ご飯は恒例の菱屋西フランクスのサンドイッチ、何故かホルモンの予定で買ってあったキムチとお父さんの土産のビール等々車が傾くほどの(うそ)土産を積み込んで西名阪道路の人となられました。

 以上が我が家の年末から数日前までの240HOUR「特番」です。

 オマケ話に元旦早々愚僧の左上の差し歯が抜けました、昨日かかりつけ医に行くまで数々のご馳走や御酒もイマイチ味が無くしょぼくれていました。永く視て貰っている歯科医さんは比較的簡単に直るでしょうと云います。いくら立派に作っても遺産にもならない歯ですから適当にとお願いしましたら、それは勿論ですと言い返されてすっきりとした「三度目の正月」を昨夜楽しみました。大家族全員も良いですが夫婦でのんびり「おまえが早いいや貴方が早い」と言い合いつつ寿命を縮める般若湯を頂くのも良いものです。文頭の墓参りは愚僧にとって初仕事でもありました。
 正月の 世の乱れかは ガザ地区か <偐山頭火
 地震かと 思う空き間に 飛行機も <偐管制官
 政治家と 地検の争い 性事家も    <偐萬罪師
 年賀状  厚みが減った 髮の薄く   <偐漫遊俳人

謹賀新年

新しき年の初めに思ふどちい群れて居れば嬉しくもあるか
 万葉集に収められたこの歌は、天平勝宝5年正月の宴げで詠まれたもので「新しい年の始めに、こうして気のあった仲間が集まり酒を酌み交わし談笑することはとても嬉しい。」と云う気分を表しています。(万葉集190-4284番 道祖王

 馬風お重の蓋 

 愚女が勢州に嫁いでいらい、お正月お節は彼の地の有名な料理屋さんにお願いしています。その娘は彼の地でお正月を祝うため三が日には帰省できないが、一足早くお節が着く。そのお重が写真の表紙であり、歌は道祖王の歌が記されている。

 お料理中身など

 歌の様に全員集合となるのは6日に勢州勢が揃ってからになるが、三が日は絵馬風に書かれた道祖王の歌を眺めて過ごすことにしましょう。一週間に及ぶ長いお正月も善いものです。
 絵馬風の お重を眺めて 嬉しあり <偐道祖王

悪縁と餅を切る

 悪縁は云いすぎですが、今年の厄と共に餅を切りました。餅は猫という棒状の餅ですが、時間が経過しすぎると堅くてどうにもなりません。薄く切れば「かき餅」に厚みがあると焼き餅に敵しています。昨日帰ってきた息子には持って帰らせ、勢州の娘には小餅と猫餅、燻製、歳暮に届いたハムなどを詰め込んで送りました、ボチボチ着く頃でしょう。それぞれパパに仕事して貰います。
 猫餅を切る

 猫餅は豆と海老入りです。ナナちゃんが海老アレルギーで喰えないのですが、多数意見でナナちゃんには辛抱して貰います。その代わりにと云ってはおかしいのですが、正月早々に迎えるお誕生日プレゼントを自転車としました。つい最近買ったと思っていますが、もう小さくて乗られないと云います。お正月期間に生まれた子はつい「合わせて」となるようですが、クリスマス、お年玉そしてお誕生日とそれぞれメリハリを付けます。
 小餅も合わせて切りました

 お爺さんお婆さん夫婦は小餅を噛んだり飲み込むのに苦労しないように、帰ってくる孫達用を除いて小餅も切りました。年の瀬を迎えて、自身の齢を感じさせられる餅切りです。
 国民的歌番組にも一言

 明日は紅白歌合戦とかいう国民的歌番組があるようで、ジャニーズ系列を切った関係で大古所も出番が来たそうです。私的には六角精児を出せば良いのにと思います。彼の「ディーゼル」なんか隠れたファンも喜ぶと思うが、放送局の歌番組編成にはそのような思考は働かないようです。

  人生と云う  走る列車は 何処へ行く  <偐丸餅