河内温泉大学

姓は車 名は寅次郎 人呼んで フーテンの寅と発します

それぞれのひな祭り三題 

数日前のひな祭り、皆さんはどの様なお雛さんでしたか。上賀茂神社の雛流し、滋賀の町並みの雛飾り(一度行ったことがあります)等伝統行事としてテレビの埋め草に様々紹介されていました。多分全国的に落ち着いた一日だったんでしょうか。 Kz君のピアノ発表…

フライング月初墓参から

月初には少し早いが、好天の昨日お墓参りに行ってきました。それと云うのも、今週初めに奈良で高野槙の原木(枝)を購入していたのでこれを整えて墓の槙として供えるのを急いだことにあります。そのため、お寺の掲示板はまだ書き改められておらず後日の掲載…

ことさら信心深い

と云うことでは無いのですが、事の序でと云えば神様に叱られるが、昨日山麓バイパスを走り一言主へお礼参りに行ってきました。お礼と云うことにこだわらずによく走る道ですが、昨日は山頂に連なって薄らと雪景色。これがまた、神々しくも見えるのは私だけで…

佐川美術館へ

昨日から滋賀県にある佐川美術館へ行っていました。設立母体の佐川急便株式会社が創業40周年記念事業の一環として、 琵琶湖を望む美しい自然に囲まれた近江・守山の地に1998年3月に開館した。平山郁夫作品を中心に彫刻家佐藤忠良と陶芸家の樂直入を主に展示…

Kz君体操競技会に出場する

勢州の愚女の長男Kz君が三重県の大きな体操教室の競技会「相好カップ」に出場しました。三重県下で最大規模の体操教室で、アジア大会で総合や種別でもメダリストを輩出している教室とか。大会は10日と11日四日市市総合体育館で開催、Kz君は11日の初級…

月初のお墓参り

一昨日、如月初のお参りに行って行きました。いつも通りお墓参りしてお寺さんに立ち寄り、今月のお言葉を頂いてきました。いつもながら副住職さんの手になる言葉が書かれています。毎月の事なので大変だと思います。今月もなかなか気の利いた言葉が書かれて…

ストーブのその後

先日石油ストーブの買い換えについて記しました。その後、不要になったストーブの行く末について記します。我が家にはもうひとつ処分に困っている不要品があります。それが、プリンターです。室内のパソコン用とガレージ内のパソコンにそれぞれプリンターが…

三幸きたる

昨日は我が家の三度目のお正月パーティでした。三回目となるとさすがに愚妻は料理の種も精根も尽き果て・・・更にその祝いも格段ですので、近くの木曽路を予約しました。幸いにも孫達はしゃぶしゃぶよりお子様ランチが良いと云ってくれるのも選択した理由でもあ…

ストーブが届かない

本日到着予定だった「石油ストーブ」が届かず、千両他の植物を植えていました・・とおかしな書き出しです。石油ストーブは家にあったものを引っ張り出したら壊れていました。で、アマゾンで再び購入したのですが一昨日からの降雪による高速道路通行障害で遅…

先輩の墓参り

大学の先輩であり、人生の師とも云える智麻呂さんのお墓参りに行ってきました。師は教会の牧師でもあり元教会員でつくる若草読書会の主宰者と云える存在です。智麻呂さんとして我がブログでも何度か紹介しています。その師が葬られているのがある教会の共同…

後輩と飲むもまた楽しい

会社を卒業して約13年です。以来会社のOB達との交流はほとんどしていません。特に気のあった人とは個人的な付き合いはあるが**会と云ったものには参加していませんし、社屋にも立ち寄った事がありません。新社屋が建設中に外壁が倒れ、大変ですね・・・と知人…

花園中央公園ドリーム21の下見を兼ねて

昨日は晴れといえども猛烈な風、そんな中次回孫のKy君が泊まりで来るという約束をしたため、幼児向けのプログラムにと考えたのが東大阪市花園中央公園に付帯している「ドリーム21」という科学・プラネタリューム施設の下見に行きました。私の所属している若…

新年の墓参りから年末年始を振り返る

正式には数日前にも墓参しましたが、昨日は一つの〆として「槙」をお供えして忙しかった(?)親父の本来の仕事に復帰して頂くという表しの墓参です。やはり、お墓には槙がお似合いです。 槙で凜として お寺門前にはいつものお言葉が 昨年の29日くらいから始…

謹賀新年

新しき年の初めに思ふどちい群れて居れば嬉しくもあるか 万葉集に収められたこの歌は、天平勝宝5年正月の宴げで詠まれたもので「新しい年の始めに、こうして気のあった仲間が集まり酒を酌み交わし談笑することはとても嬉しい。」と云う気分を表しています。…

悪縁と餅を切る

悪縁は云いすぎですが、今年の厄と共に餅を切りました。餅は猫という棒状の餅ですが、時間が経過しすぎると堅くてどうにもなりません。薄く切れば「かき餅」に厚みがあると焼き餅に敵しています。昨日帰ってきた息子には持って帰らせ、勢州の娘には小餅と猫…

思惑というか異常気象に負けたイチゴ

我が家も愚妻がよく利用している百貨店が高島屋です。特に食材などをよく買っているようで、お客さん方にもそれなりの思い込みがあるようですね。その高島屋で、過日註文していたクリスマスケーキが「潰れた」状態で届いた・・・という客の声がネットに上がった…

燻製つくり

久しぶりに燻製作りに、玉子が余ったというのでゆで卵を・・・と出発したモノのそれなりの品種と量になってしまいました。年始用品を取りに来る、送る便に合わせて娘と息子の家で消費して貰いましょう。 先ずは乾燥させて風乾後燻缶にセットしました ゆで卵、チ…

お騒がせな車です

半年以上待って納入されるなり、廃番となる我が終の車です。納入当時はガソリン車はまだ作るといっていました(10月初旬)ライズですが、製造元が昨日出荷の一斉停止の記者会見でとうとう廃番が確定したようです。 どうなるライズ 国交省に対する社内検査で…

お誕生日おめでとう

昨日は愚妻の誕生日祝宴の日、誕生日に勢州や摂州の孫達からお祝いの電話がかかってきて愚夫は気付いたという御年*歳の誕生日でありますが、当人は嬉しかったようです。その祝宴を近くのかに道楽で。メニューには蟹以外もあるような書き方だったので、蟹ア…

年末歳時「赤穂浪士打入前」の段

昨夜のテレビでも二局で赤穂浪士を取り扱った映画が放送されていました。本論に何か枝葉を付けたような話も多くあります。その中でも「萱野三平」は我々河内に近い摂州に実家があり、打ち入りか再就職かで悩んだあげく自刃するという結末を迎えた武士らしい…

御所柿に巡り会えた

縁は異なものと云います。特に男女の仲で使われる、何の縁でどう巡り合わせられるか分からないという意味だそうだ。昨日は男女間ではないが「柿」にまつわる同じような経験をしました。 我が師と慕う智麻呂氏のお墓参りに羽曳野市はびきの中央霊園へ。良いお…

利休柿

堺生まれで堺育ち堺で熟した「利休柿」を頂きました。本日はネット仲間のもりたさんの参加される「フォークソング弾き語り倶楽部(関西本部)」のクリスマスライブが東大阪市文化創造館で開催されました。開催時間は午前11時から午後4時半まで。出演者は飛び入…

月初のお参り

極月の墓参は最近にしては珍しく1日になりました。数日前に自宅で療養なさっていた昔から親しくお付き合いしているご婦人が亡くなった、と云う報告も兼ねての墓参です。同じ火葬場で本日荼毘に付されるというので、あらかじめ親父などに告知もかねての墓参で…

永代経

菩提寺では無く寺の日常を支えている旦那寺でも無いが月参り等々をして頂いているお寺さん。寺にお墓があって代々という檀家でも無いのですが、月々の僅かなお布施をもって檀那寺と呼ばせて頂いている浄土真宗本願寺派常照寺の永代経に参加してきました。コ…

龍田川論争に決着か

嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 龍田の川の錦なりけり (能因法師)は小倉百人一首の有名な和歌で「永承四年(1049年)、後冷泉天皇の時代に開かれた大規模な歌合せで詠まれたもので」とものの本には書かれています。しかし、約千年後には現在の竜田川沿いには…

本年最後の野外パーティー

先の勤労感謝の日に、おばあちゃん&おじいちゃんに勤労させてあげると摂州の孫達が来てくれました。この日は小春日和を思わせる暖かい日なので、到着するなり愚息はBBQ野外でと云います。まあ寒くなればシャッターを閉めるか、愚息一人で野外で焼かせてその…

葛城山中一言主神社など

前週は平城宮趾付近を遊びましたが、今週は21代雄略帝が葛城山に赴いた時に雄略帝と同じ姿装束で顕現された一言主大神を奉る所謂「一言さん」へお参りに行ってきました。『古事記』が伝えるところによると、一言主大神は自ら「吾(あ)は悪事(まがごと)も一言…

平城宮跡一周しました

所用で南河内から奈良県斑鳩町を通過して奈良市あやめ池へ行き、帰路平城宮跡に車を置き昼食を取った後トレンクルで宮跡を一周してきました。早朝から動き回り疲れていて用事が終了したあやめ池から帰宅したいところでしたが、お隣の独居老人がコロナに罹患…

意外な共通項が

友人であり師とも云える偐家持のブログ「偐万葉田舎家持歌集」(23.11.12編)只見線・小出から会津若松へ を拝見していると愚僧と同じ番組を視ておられた所が「意外な共通項」と思えた故の一文です。 飲み鉄の極意 元々テレビ番組は今では「笑点」(やや離…

春収穫豆類の定植完了です

昨日は好天で、我が家のクラインガルテンの手入れとしました。昔の同業他社の友人で退職後は家業の農業を営んでいるHさんから豆類の苗を頂きました。その定植としたものです。 頂き物の苗類勢揃いです 先日塗り替えたテーブル上です さすがに百姓さんで種を…