河内温泉大学

姓は車 名は寅次郎 人呼んで フーテンの寅と発します

先輩のお墓参り他

 大学の先輩で人生で大変影響を授かった牧師である智麻呂氏のお墓参りに、昨日の好天の中で行って来ました。はびきの中央霊園はブログによると一月以来となるが、それまでにも行ったような気もするがそれはよしです。
 墓石建立日時

 墓石の裏に記されている様に、2017年とあるので相当な信者が葬られているはずです。キリスト教信者といえども兄弟や家族(子孫)を含めて皆その信徒とは限らないので、教会という母集団単位でこのように墓を作る。牧師も「亡くなっても皆おなじ墓です・・・」と信者を納得させるのだろう。愚僧は生きている内の何年間はキリスト教信者、死んでからも家族を束縛するつもりは無いので、多分家族の総意で間違いなく親父と同じ墓に入ることになるだろう。愚僧もその様に望む、それなら多少は墓参回数も増え家族の顔も見られるだろう。
 墓石に参り掃除

 愚僧はゴミダメになっているような献花・花台を見るのが辛い。生あるものの内一番弱い生花を摘まんで墓石に供える・・・一見普通の行為だが花が傷んでくると何とも痛ましい様子になる。皇室の墓に限らず供え物は持ち帰る様にと記されていいるのは、枯れ花で悲惨な状況になること、ゴミをまき散らしている結果になる。愚僧は持参した花(槙)は時期を見て取り払い(入れ代え)に行く。線香も痕跡が残り誠に見にくくなるので、墓では供えないことにしています。昨日も墓石には枯れた花が差し込まれていたままなので、取り払い雑草も引いてきました。次回いつ来るかもしれないので、代わりの花は遠慮して帰ることとしました。振り返ると智麻呂様はじめ何人かはよく来てくれた、掃除もありがとう・・・と仰っている気がしました。
 薩摩芋他

 GWを挟んで遠出していませんでしたので、御所の山ろくにある売店まで行き、薩摩芋を買ってきました。これでNちゃんらを釣ろうという仕掛けです。序でにニガウリの苗なども求めてきました。これらはクラインガルテンの境界沿いに植える予定です。即日喰えるものとして柿の葉寿司と當麻寺のくさもちも求めました。振り返ると文句の割には買い物墓参でした。
 枯れ花の 何とも寂しい 静けさか  <偐山頭火

 

母の日残照

 先日の母の日摂州からはNちゃんkY君達がお祝いにやってきました。花はカーネーションですが、鉢植えで現在は写真のようにお日様に当てています。Nちゃんとお父さんが先にやってきたので、kY君はと聞くとママのお父さんが剣術家(八段)で卒業校の新入生の歓迎剣道会にママさんと見学に行っているとのこと。Nちゃんももっと幼い頃は防具を着けた豆娘剣士でしたが「卒業」らしく逃げの一手らしい。ちなみにkY君が夕飯前に帰って来てママさん曰く、新入学生が「++高校卒業?段・・・」と叫んでいるのを聞いていた彼も何か喋らねばならぬかと勘違い。夢中で何か口ずさんでいたという。
 赤いカーネーション

 お爺さんの陰に逃げそうなKY君

 同じ日に勢州からもお菓子が届きました。愚女曰く今伊勢で流行っている洋菓子でウエラボーグという菓子屋のボルシェという真珠貝様の菓子。真ん中の白い球が真珠でホワイトチョコです。伊勢にしては今風ですが、彼の地では結構このような菓子が流行っています。柔らかく溶けやすくそして真珠貝のようなチョコがいけます。
 ボルシェ

 ”伊勢に銘菓も数々あれど いちに指折る 伊勢音頭”と伊勢音頭のゴーフル様の菓子も添えられていました。二つ並ぶとなんとも「伊勢今昔物語集」です。
 伊勢音頭と共演です

 本日は久しぶりの好天、愚妻とピアノを買い求めにコジマ電気店へ行って来ました。娘が我が家のピアノがどうしても良いと云うので、住居新築時に伊勢へピアノが旅立ったので、穴埋めに購入しようとしましたが、今時はピアノも電気店さんで買うのですね。もっとも電子ピアノという機械ですが、時代が変わったものと思います。それもネットで購入しようとするも障壁が幾つもあり、結局実店舗へ行くことになりました。

  今頃は フランス菓子を 伊勢でかう <偐山頭火

月初の墓参り

 今月は諸々の用事で昨日の子どもの日となってしまいました月初のお墓参り。孫達、親父から見るとひ孫の影響だと墓に報告すると快く頷いていました。あまり深く頷かれると墓石が落ちてきそうなので早々に帰宅。帰路立ち寄ったお寺さんの門前掲示板には二題「経験は尊いが経験に慢心して思わぬ悲劇を生むことがある」と「目に見えないものに感謝」とあります。

 門前の掲示

 どちらも読めば当たり前のことが記されていますが、実生活では看過しがちな事ですね。特に経験は勘違いの経験や妄想で悲劇となる事が多いような気がします。それが集団で起こされると戦争などの悲劇を生むことが多いようです。
 タマネギの収穫

 タマネギはあまり大きくなること無く、成長のピークを迎えた様です。スナップエンドウは収穫しきれないほど採れました。ご近所の皆さんに喜んでいただけたと思います。タマネギの跡には里芋、エンドウの跡にはキュウリやナスの夏野菜を植えるつもり。

 キュウリ用の畝と左横には空豆

 養生中の畝と、横には空豆が空では無く地面を向いて来出しました。こうなると収穫の時期らしいです。どちらの畝も現在は土の養生中です。里芋はこれから植えるつもり、午後雨と云いいますので段取りが宜しい。

 里芋の定植 40-50センチ間隔だそうです

 里芋は深さ10センチほど間隔は4-50センチ間隔だそうで、泉州の芋農家から頂いた種芋で充分に足りました。少し残った芋はプランターにも植えましたがこれはどうなるか不明です。

 コーヒーゼリーとアイスコーヒー 変な取り合わせです

 お八つは愚息家族の土産です、コーヒーゼリーは近在ものですが、NちゃんとkY君の牡蠣ごはんと讃岐の饂飩で暫く昼食に頂いて適当な手抜きになっています。連休前に倉敷と広島に、倉敷では愚妻の親夫婦の墓参りに行ってくれました。讃岐は御年98歳になる大おじいさんに進学の報告に行ったそうで、その土産です。

 河内では午後から雨が降りそうです、ではボチボチ里芋を植えることにしましょう。明日からは勢州の土産が食卓を賑やかせます。
 孫たちの 帰省土産が 飯の種  <偐山頭火 

楽しい夢のGWは過ぎた

 先月末に勢州娘一家が帰って我が家の今年のGWが一段落しました。先陣を切ったのが勢州のKz君達、今回は珍しくパパと近鉄特急で27日に到着です。パパとの列車の旅は「景色が良くて良かった」と満足な様子。その出迎えの帰り予約してあったピザをピックアップしますが、このピザの注文は今までは愚息にさせていたのですが、あれこれ付属品やサイズ・タイプの註文をすると大仕事であることが解りました。結論的には愚僧は「二度と再び」ピザの註文はしないと決めました。その後暫くしてKY君がKz君と一緒に寝ると、パパに送られて到着します。
 早速プール遊びです 逮捕する

 この間愚息があすのBBQ用の鶏をさばき出し後散髪に。愚僧担当のホルモンとキムチは昼前に受取ってきていますので、愚僧は孫達の「ふり珍」が刑罰に該当することが無いように見張り役です。いったん素っ裸になると「自由」が身をもってわかるのか、解き放たれたように遊んでくれます。
 やがて元砂場で家を作っていました

 息子達が小さい時に作ってあった「砂場」のような場所に、その子ども達が何処からか板を捜してきて床の様な仕切りを作って「家」遊びだそうです。基礎の砂場に水を溢れさせて水上生活者の様な家を楽しんだら夕飯のピザタイム。所用で遅れて着いた愚女も加わってお嫁さんとNちゃん抜きの夕食です。
 食後は泡あわタイムです。この日はNちゃんが来ていないので3人での水鉄砲やシャワーの掛け合いで爺さんも子どもに戻りました。これは疲れましたが、電車で帰る愚息が遅くまで付き合ってくれて婿さんとお酒を楽しむことが出来ました。

 早朝は地獄だ パソコンの次は家造りの続き

 Ky君のお泊まりの楽しみは、早起きしたらパソコンが楽しめる決まりになっています。今回も早朝5時半から起き出してKZ君を誘ってパソコン遊びをしてくれますが、部屋数に比して少々人数がはみ出しているため、子どもが跳ねたり、操作で興奮して愚妻を起こしてしまう結果になりました。勿論愚僧も6時には起こされ、長い一日となります。そして再びプールや家造りで二人は興奮しっぱなしで夜のBBQに突入です。(昼飯は何を食ったか忘れました))
 メインは庭のテーブル 40年来のBBQコンロは手製です

 ホルモンと焼き鳥混在のBBQに、畑で採れた空豆少々とスナップエンドウ、前日スーパーで買った海老等の具材です。添え物にはキムチが一番ですね。
 奥は大人席です 散髪屋さんのゲストもご招待

 途中からご近所付き合いしている散髪屋さんも飛び入り参加、入学式前にKY君の調髪をして頂いているので様子を見に来られました、本格的に参加してくださり場を持ち上げてくれました。散髪屋さんに店員と弟子等10人以上おられた頃はよくBBQをされていましたので、久しぶりで楽しいと遅くまでおられたが、店員に叱られると渋々お帰りになったのは閉店時刻でした。
 この日はお嫁さんが車を運転してくれるので愚息は連日お酒のお付き合い、お婿さんとも久々に深酒を楽しむことが出来ましたが、これは主治医には内緒です。

 例の風呂はお年頃のNちゃんも一緒ですので写真は禁物 庭で孫一同記念写真

 このように我が家のGWのBBQ会は楽しく過ごすことが出来ました。同夜は勢州一族のみもう一泊してくれて翌日全員で電車でお帰りになりました。そのKZ君伊勢に戻って「来年四年生になったら一人で大阪へ行く」と心意気を語っているそうです。頼もしい限りです。
 最後に記念写真 次はKz君一人旅だそうです

 楽しいかな 家族が集う 黄金の週    <偐山頭火

 火が消えた 夫婦二人の 普通の日々 <偐山頭火

クラインガルテンの収穫準備

 我がクラインガルテン、春収穫の集大成とで云いますか。今週末に摂州と勢州から孫達が帰るというので野菜畑の収穫準備をしています。と、云っても相手が自然ですので如何ともし難く、今成しかけているのを出来るだけ収穫して次の成長を促進するのみです。
 スナップエンドウ

 油で炒めても煮ても生でも頂ける、おかず野菜の天才児のスナップエンドウですが、成長しだしたら大変な量が出来ます。ご近所に配り放題ですが、日曜日に子や孫が屋外バーベキューと云いますので、更に拍車をかけて配っています。中には豪華なお返しをくださる場合も在りましたが、出来るだけお断りしています。でないと、もう配ることが出来なくなるので・・・とお願いしております。
 ソラマメ

 鞘が空を向いているうちは成熟していない印と聞きました。ならば、この辺で(写真)と試しに収穫しましたら。
  焼きましたが豆が小さいですね

 まだ成熟していません。タップリと大きくなって真下を向かないと味も大きさにももう一つと云うことでしょう。息子のお嫁さん曰く「バーベキューに」と云うことですから、週末まで待つことにします。
 トウモロコシ&キュウリ等々

 写真はご近所のクラインガルテン仲間から頂いた苗です。K氏という職場の先輩はこの辺りの農家が元家業でありましたので、規模が格段に違います。苗も種から作られるので余った物を頂きました。これだけでももう植える場所に困るほどですので、摂州に分けようと思っています。お嫁さんは子育てと家庭菜園が趣味のような方で、子ども達も野菜も大変上手に育てられます。
 ネオマスカットと伸びた生け垣

 これは選定待ちです。昨年までと枝の張らせ方を変えましたら、大変な枝と房ですが、大半を切り落とさなければなりません。これは、愚息にも手伝わさせようと思っていますが、奴もいい歳となって腹も出てきましたので多少の不安も在ります。あまり急かないので孫達が帰った後で、もう一本あるデラウエアーと生け垣の一纏めでしようかとも思っています。クラインガルテンと日除け葡萄そして生け垣の現状報告です。

 今年は生け垣選定を頼んでいるシルバー人材センターから「高齢化と人手不足で」と断りが来ているので、我が家の高齢者の出番が多くなってきました。
  孫と豆 重なり合うほど かわいいか  <偐山頭火