河内温泉大学

姓は車 名は寅次郎 人呼んで フーテンの寅と発します

人間国宝若草編

 国単位で国宝があるというなら、我が所属する若草読書会では・・・と思案すると濃宝、国宝そして放宝まで沢山のこく宝クラスの人財を抱えていることが見えて来ました。そこで、本日は手工芸部門のこく宝をご紹介します。既に何度となく登場されている、和郎女その人であります。偐家持氏の和郎女紹介コーナー
 仏事用、漢詩風、鐘の拓本等々少々お堅いものが多い我が家の飾り物なので、和郎女にご依頼したところ既に「断捨離」したという。そこで、何方にもお引き取り願えなったものがあるがどうかという・・・。
 月と童

f:id:gourmet_j:20210723123525j:plain

 本日早朝から和郎女の工房へいただきに参ってきました、しかしこれが中々の出来栄えですのでご紹介します。姉はここ暫く工房をお休みされていましたが、どうしても若手(?)が必要と望まれ復帰されたとのこと。河内温泉大学の競合相手の近畿大学キャンパス脇に工房があります。
 七夕と童

f:id:gourmet_j:20210723155453j:plain

 大昔はこの工房あたりも、学生相手の食堂、金貸屋、タバコ屋に風呂屋と林立していましたが、コロナ禍に非ず、学生の生活様式が変化して寂れていました。そこへ加えてコロナですから通称親不孝通りこと、大学通りシャッター街と相成ってバイト先が無いと学生が住んでいる形跡が見当たりません。電話代のためにバイトをするというのが当たり前という学生の生活様式の変化は、安田講堂世代(決してその安田講堂戦には参加してません)には理解がおよばない。
 桔梗と女郎花

f:id:gourmet_j:20210723123853j:plain

 お礼には復帰された工房の皆様にもと、大坂夏の陣煎餅を造っているいたに萬幸堂のお菓子の詰め合わせです。若手筆頭の和郎女に八十路の超熟練工が多く作業をなさっているとお聞きしておりますのでお茶菓子用にと持参です。諸先輩達が多くおられると云うことは、彼女に人間こく宝が回ってくるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。それまで、研鑽に励んでいただきましょう。
 和郎女自画像とか

f:id:gourmet_j:20210723124850j:plain

 放宝や 月に芋でも ロケットか  <偐山頭火

 

 追加作品です。天地左右が未確定でしたが、和郎女氏にお聞きしたところこの位置が正しいとか。何だか鯉の滝登り風にも見えますが、作者の仰るとおりにしました。

 青葉と鮎

f:id:gourmet_j:20210725124413j:plain

 吉野の「弥助」へ行きたくなる作品ですね。

梅雨明けに吉事を

 本日六十数日ぶりに梅雨が明けたとか。幾多の災いをもたらした梅雨でしたが、それが明けると良き事も伝わってきました。本年度の人間国宝に四人が認定されましたが、その内お二人がやや身近におられる方でした。お一人は「人形浄瑠璃文楽人形」の桐竹勘十郎さん、報道によると68歳とか。もっとお若いと思っていましたが、愚僧の背中まで迫ってきておられる。桐竹氏の舞台は幾度となく鑑賞したり、公開講座(2006年夏)に招かれたりしていました。
 愚女が指導を受けるも入門が許されませんでした(ウソ)

f:id:gourmet_j:20210717201724j:plain

 今回の授賞でのコメントでは後進の指導・・・と仰っていましたが、観客層の厚みを増すと言うスタイルもお持ちでした。それが、先の写真にも現れているのでしょうか、気安く人形に触れさせたり、所作をお教えいただきました。同じ時期に活躍されていた文楽義太夫の大御所でした竹本住大夫人間国宝)も、後進の指導には熱心でしたが、文楽を始めとする文化事業への補助金を無駄とした当時の大阪市長橋本徹と対立していたことを思い出します。
 人形遣いの下駄(?)です

f:id:gourmet_j:20210717201758j:plain

 もう一つの吉事は、茶の湯釜で人間国宝に選ばれた角谷勇圭氏。氏は人間国宝角谷一圭氏を父に持ち同じ道を研鑽され同じく人間国宝に認定されました。先の桐竹氏と同じ様に父を人間国宝に持たれ、2代にわたって同じ道を極めるという点での苦労もあることでしょう。角田一圭氏を記念する深江郷土資料館ではこれを期に何某かの催事が行われるでしょう。チェックして見学に行きたいものです。
 深江郷土資料館

f:id:gourmet_j:20210717201828j:plain

 ある資料によりますと、古代の河内鋳物師が茶釜のルーツとも云われます。大仏や社寺仏閣の鐘などの加工技術を現在に伝えるものとして見ると、様々な伝統文化も一筋の歴史に綴られているようですね。文楽や歌舞伎と行った芸能も、茶釜という工芸技術も歴史がありこれからも紡いでいってほしいものです。
 角田一圭氏作品(深江郷土資料館)

f:id:gourmet_j:20210717201902j:plain

 梅雨があけ 人形茶釜 吉事聞く <偐山頭火

 

今日は何処へ行くんだか

 今月は病院月間です。下咽頭を見ていただいたり、歯医者へ云ったり、特定疾患の認定継続に云ったり・・・と忙しい。さて本日は頸椎狭窄で5年前に首に人工骨(ハイドロキシアタパイト)を挟み込む術を受けた経過観察日でした。予定ではもうすこし早かったのですが、コロナワクチンレースに参戦していたため順延していたものです。
 本日のレントゲン写真

f:id:gourmet_j:20210713174001j:plain

 写真の頸椎下部分の棘突起 (きょくとっき)が凹んでいるのが人工骨で、7つある頸椎の下部5箇所に切り目を入れて突き刺さし、神経の通る脊髄の間隔を広げています。この術を受けた際に翌日主治医(執刀医)が見えられて「歩け」という。愚僧「首が落ちませんか」と問うと、大丈夫だという。歩くと首も付いてきて「ホット」した記憶があります。今年4月からその主治医が大学へ移転となられて今回が初見の新しい担当医に、しっかり付いていますか・・・と。今では完全に骨の一部となっていますよとのお返事。
 記念写真を

f:id:gourmet_j:20210713174028j:plain

 人工骨の完全結合記念にと写真を撮らせて貰いました。先生もご一緒にとお誘いしましたが、流石に誘惑には簡単に乗られませんが脊髄模型をお貸しくださいました。バックは数年前のMRI写真です。先生曰わく、来年はこれを撮らせて貰いますよ・・・。生きていましたら宜しくお願いしますと帰宅です。今週は今一度下咽頭を診てもらう予定があります。

 五年経ち 作りものも 一体化  <偐山頭火
 

現場はたいへんでした

 重機に乗るのはKy君だけの予定がNちゃんも女親方になると云いだして、作業員の皆さんにたいへん気を使わせました。でも、夢にまで見たと云うKy君のなまなざしは真剣そのもの。オペレーターの配慮宜しく、材木を咥えたり地均しをしたりパワーショベルの機能を満喫した様子です。加えてNちゃんも運転席に陣取り、蟹さんのような腕の先で材木を掴んでこれまた満足げな様子でした。
 Nちゃん、Ky君の描いた作業風景

f:id:gourmet_j:20210711111822j:plain

 実際は、廻りの若い衆が子どもの通路を作ったり乗り降りのサポート。掴みやすい材木を並べたりと随分気を使ってくれました。
 Ky君がオペレート

f:id:gourmet_j:20210711111934j:plain

 自分たちの自転車用のヘルメットを持参して乗り込む姉弟。Nちゃんの方が背の高い分外野からは様子は良く見えます。パパ・ママはさかんに写真を撮っていました。マンションとか山を買って造作するのが仕事のパパは、自分も未だに重機には乗った経験がなく内心では乗りたかったそうです。子どもの手前言い出せなかったのか、私なら真っ先に乗っていたでしょう。
 Nちゃんも運転席に

f:id:gourmet_j:20210711113238j:plain

 現場作業で大汗をかいた後は、庭にプールを引き出して水遊び。その間大人は汗を我慢で見張り、だってKy君たまに脱走しますので。
 プールで汗を流して

f:id:gourmet_j:20210711112034j:plain

 この日は、Ky君の四歳のお誕生日祝いも兼ねていました。Nちゃんが二階で弾くピアノを電話に録画、これを一階でBGMに「ハッピバースディー」を歌ってケーキカット。散々悪さをする割りには、素直に「ありがとう」と笑顔で返してくれるのはお母さんの躾でしょうか。
   ケーキの前でポーズです

f:id:gourmet_j:20210711112112j:plain

 でも、直ぐにその躾もボロが剥がれるように夜が更けるまで散々遊んでくれました。ベランダでの大騒ぎは少しご近所迷惑だったかな、でもたまにしか無い事ご勘弁願いましょう。
 子どもはマグロ系が好きです

f:id:gourmet_j:20210711112150j:plain

 昨日のチビ達作業の成果です(今朝の様子)

f:id:gourmet_j:20210711112945j:plain

 重機乗る 孫四歳の 誕生日 <偐山頭火

残しておいてください・・・

 Ky君からラインで嘆願の画像が送られてきています。、その、家屋除却作業の中間報告です。連日の雨天にもかかわらず、作業は順調と昨日お越しになった社長がおっしゃっていました。摂州のKY君は今月がお誕生日で今週末にお祝いをする、その時にユンボにも乗れるので表題のような画像が送られてきています。
 本日の降雨

f:id:gourmet_j:20210708155208j:plain

 作業が順調に進んでいるからでも無いでしょうが、本日は早朝の降雨段階で作業をお休みとされました。愚僧も下咽頭の術後二回目の検診なのでお茶などの接待もせずに済むので好都合でした。そこで、本日までの進捗状況をご覧いただきます。
 全体風景

f:id:gourmet_j:20210708155307j:plain

 建物全部の前面廊下等を切り落とし、背後の家まで迫ってきました。後ろのお宅もこれまで我が家の影になっていたのですが、これからは日も差す代わりに世間の視線も多少は気になるところでしょうね。大きな開発行為なら壁を作れとかの話も出るのかも知れませんが、既存宅地ですので今のところそのようなお話しは来ていません。
 東隣まで来ました

f:id:gourmet_j:20210708155349j:plain

 西側はまだまだKy君の作業領域が残っているようです。この辺りに、今は仮住まいの寅1号の駐車場を仮設でも造って貰う予定です。ゆくゆくは家庭菜園もと思いますが、随分地代の高い菜園になりそうなので未定です。其れまでは、ベランダでニガウリを作って楽しみとしましょう。
 ベランダのニガウリと西端部

f:id:gourmet_j:20210708155434j:plain

 家人からはこれ以上作るなと指図が来ています。あまり人気のない野菜ですので・・・ところで、本日の検診結果です。「著変無し」と云うことでまた時間をあけてお越しくださいとのこと。大阪市内の大病院も、コロナ緊急時と比べると少し落ち着きが戻った感じがしました。

 また来いは もう来るなとは 恋の差か  <偐山頭火